欣喜堂

活字書体の源泉は書物の歴史にあります。写本の時代、刊本の時代、活字の時代──それぞれの時代に数えきれないほどの書物が誕生し、そこにはたくさんの文字と書体が残されています。それらをあたらしい時代の息吹によってよみがえらせ、実際に使用できるようにして、次の世代にバトンタッチしたいと考えています。

日本語書体八策(商品化)/日本語書体四坐(試作)
日本語書体三傑(試作)
星屑書体集成
(試作)

日本における現代のタイポグラフィを深め、さらに進めていくためには、漢字書体と和字書体と欧字書体が調和することにあります。日本と中国、欧米の古い書物などから復刻した和字書体、漢字書体、欧字書体を組み合わせています。あらゆる時代を網羅して、伝統にもとづいた新たな活字書体の世界が広がります。
※2016年に株式会社モリサワと提携。一部の書体が同社より日本語フォントとして発売されています。

 


INFORMATION

特定商取引法による表記

沿革

FAQ

アップデート

 

欣喜堂通信(blog)

Facebook

Twitter

 

→欣喜堂トップへ

 

 

 

 

和字書体三十六景(商品化)
和字書体十二勝(商品化)

平安時代から現代までの日本の書写と印刷の歴史にはぐくまれた36書体をとりあげました。これを葛飾北斎の『富嶽三十六景』から「和字書体三十六景」となづけました。これをベースにして、ウエイトのバリエーションなどを展開しています。さらに追加として「和字書体十二勝」を開発しています。

ほしくずやコレクション 24(商品化)

複数の資料を参考にして新刻した和字書体が「ほしくずやコレクション24」です。くみうたクラン、にぎわいクラン、ときわぎクラン、きたりすクラン、みそらクランで構成しています。

 

 

 

漢字書体二十四史
漢字書体十二州

漢王朝の時代から現代までの中国の碑文や刊本、活字本から再生した24書体です。これを中国・歴代王朝の正史『二十四史』にちなんで「漢字書体二十四史」となづけました。漢字書体の制作には、多くの時間と労力を要しますが「漢字書体十二州」も含めて、ひきつづき制作に取り組んでいます。
※2012年に北京北大方正電子有限公司と提携。一部の書体が同社より中国語フォントとして発売されています。

欧字書体十二宮
欧字書体四天

欧字書体にはすでに豊かな活字書体群がありますが、和字書体、漢字書体と組み合わせて使用するためには同じように再生する必要があります。そこで、やはりヨーロッパの書物に取材して、これから12書体を制作することにしました。これを西洋占星術の『黄道十二宮』から「欧字書体十二宮」としました。追加で「欧字書体四天」も試作しています。
※欧字書体単体での販売はありません。