著者プロフィール

今田欣一

活字書体設計師 typeface designer
1954年、岡山県和気町で生まれる。岡山県立和気閑谷高校在学中に同人誌の編集をはじめたことが活字書体に興味を持つきっかけとなる。九州産業大学芸術学部デザイン学科で活版印刷や写真植字機に出会ってタイポグラフィの基礎を学ぶ。1977年、写真植字システムのトップメーカー株式会社写研入社。数多くの書体制作に携わる。在職中の1982年に第7回石井賞・第1位。1988年に第10回石井賞・第1位、1990年に第11回石井賞・第2位を受賞。1996年に第14回石井賞・第2位を受賞したのち、株式会社写研を退社。1997年、有限会社今田欣一デザイン室を創業。2001年から「欣喜堂」ブランドで、復刻書体の開発を始める。CDパッケージの販売のほか、ダウンロード方式によって、デジタルタイプの販売をおこなっている。2016年からは、ウェブフォントとしても提供している。2017年、第16回佐藤敬之輔賞(個人部門)を受賞。

目 次

 

序 章 「貘」の軌跡 福岡の夢 10代

 

第一章 「ボカッシイ」の時代 20代

 1 「石井細明朝体」と「石井太ゴシック体」のこと

 2 「ナール」と「ゴナ」、「スーシャ」と「ゴーシャ」のこと

 3 「ヘルベチカ」「オプチマ」「ユニバース」(欧字書体)のこと

 4 「かな民友明朝」と「かな民友ゴシック」(和字書体)のこと

 5 「秀英明朝」(漢字書体)のこと

 6 第7回石井賞タイプフェイスコンテストと「ボカッシイ」

 

第二章 「いまりゅう」と「今宋」の時代 30代

 1 「艶」と「ゴカール」(和字書体)のこと

 2 「紅蘭楷書」と「紅蘭宋朝」(漢字書体)のこと

 3 第10回石井賞タイプフェイスコンテストと「いまりゅう」

 4 第11回石井賞タイプフェイスコンテストと「今宋」

 5 「平成丸ゴシック」(和字書体)のこと

 6 「本蘭明朝」と「本蘭ゴシック」のこと

 

第三章 「いぬまる吉備楷書」の時代 40代

 1 第14回石井賞タイプフェイスコンテストと「いぬまる吉備楷書」

 2 「きじまる吉備行書」と「さるまる吉備隷書」のこと

 3 「イマリス」と「ぽっくる」のこと

 4 「はつひやまと」「わかばやまと」「みのりやまと」(和字書体)のこと

 5 「花蓮華」「花胡蝶」「花牡丹」(和字書体)のこと

 6 書物のために、機器のために、企業のために

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『活字書体の履歴書[青春朱夏編]

  今田欣一著、欣喜堂、2018年12月20日発行 2,500円(税別・送料別)