著者プロフィール

今田欣一

活字書体設計師 typeface designer
1954年、岡山県和気町で生まれる。岡山県立和気閑谷高校在学中に同人誌の編集をはじめたことが活字書体に興味を持つきっかけとなる。九州産業大学芸術学部デザイン学科で活版印刷や写真植字機に出会ってタイポグラフィの基礎を学ぶ。1977年、写真植字システムのトップメーカー株式会社写研入社。数多くの書体制作に携わる。在職中の1982年に第7回石井賞・第1位。1988年に第10回石井賞・第1位、1990年に第11回石井賞・第2位を受賞。1996年に第14回石井賞・第2位を受賞したのち、株式会社写研を退社。1997年、有限会社今田欣一デザイン室を創業。2001年から「欣喜堂」ブランドで、復刻書体の開発を始める。CDパッケージの販売のほか、ダウンロード方式によって、デジタルタイプの販売をおこなっている。2016年からは、ウェブフォントとしても提供している。2017年、第16回佐藤敬之輔賞(個人部門)を受賞。

目 次

 

自叙

 

第一章 タイプフェイスとタイポグラフィ

 催事:東洋美術学校 特別講演会

 主催:東洋美術学校 サークルQP

 日時:2016年8月6日

 会場:東洋美術学校 本部校舎実習室

 

第二章 和字書体のすがたカタチ[典籍編]

 催事:書体設計公開講座 第1回

 主催:書体設計講座実行委員会

 日時:2016年10月16日(未刻)

 会場:松聲閣(東京都文京区) 菊と朝顔

 

第三章 和字書体のすがたカタチ[近代編]

 催事:書体設計公開講座 第2回

 主催:書体設計講座実行委員会

 日時:2016年10月16日(申刻)

 会場:松聲閣(東京都文京区) 菊と朝顔

 

第四章 漢字書体の温故知新[典籍編]

 催事:中国語復刻書体シンポジウムおよび方正金陵・方正龍爪・方正蛍雪発表会

 主催:北京北大方正電子有限公司、北京大学現代出版研究所

 日時:2016年1月9日

 会場:北京大学百周年紀念講堂 多功能廳

 

第五章 漢字書体の温故知新[近代編]

 催事:社会実験・第三回漢字二十四時

 主催:深圳市平面設計協会

 協賛:羊城同創匯、漢儀字庫、北京北大方正電子有限公司

 日時:2016年4月16日

 会場:羊城同創匯(中国・広州市)

 

第六章 欧字書体のSUCCCESSION

 催事:type KIDS 特別セミナー

 主催:type KIDS

 日時:2016年7月2日

 会場:東京芸術劇場 ミーティングルーム1

 

第七章 書物と活字と

 催事:大阪DTPの勉強会

 主催:大阪DTPの勉強部屋

 共催:クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

 日時:2017年1月21日

 会場:メビック扇町 交流スペース3

 

参考資料

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『欣喜堂ふたむかし 創業20周年記念

  今田欣一著、欣喜堂、2017年6月20日発行 1,400円(税別・送料別)